BOSEの最新のスピーカーを使って、英会話リスニングをしてみました。今回検証したのは、BOSEの中でも人気のある下記モデル。

Bose Computer MusicMonitor マルチメディアスピーカー M2
定価:¥ 39,480
レビュー平均:4.44.4点 (37人がレビュー投稿)
4.04.0点 必ずしもM3に劣らない
5.05.0点 お勧めしたい現代の名機
5.05.0点 デスクトップスピーカーとしては最高の一品である
メーカー:BOSE
モデル:M2
概要:形式:アンプ内蔵スピーカーシステム 入力端子:3.5mmステレオミニジャック×1 電源:AC100~240V(50/60Hz) ※専用ACパワーパック使用
by 通販最速検索 at 2011/12/13
【2011年度最新モデル】 BOSE QuietComfort 15 ノイズキャンセリングヘッドホン◆iPhone用のケーブル付き◆直輸入品◆
レビュー平均:4.54.5点 (2人がレビュー投稿)
4.04.0点 海外で買いました。
5.05.0点 BOSE QC15 from Books Pineforest–EXCELLENT
メーカー:BOSE
by 通販最速検索 at 2011/12/13

なぜ英語リスニングにBOSEスピーカー?

一般的に、言語にはそれぞれ周波数があり、英語と日本語では、周波数が異なり、周波数が低い日本人にとっては、英語は聞き取りづらいと言われています。(真意はわかりません。)
ならば、純粋に考えて、幅広い周波数帯域に対応しているスピーカーとヘッドホンで学習すれば良いのではと思ったのがきっかけです。
この理論で正しいのであれば、安いスピーカーより良質な音をだすスピーカーのほうが、高域の音を拾え、英語の音を拾いやすい=リスニングに最適 ということになります。

ちなみにどちらも高いものですので、当然自分で購入できず私の誕生日に、BOSEのスピーカーとヘッドホンをもらいました。。

実際効果的なのか?

科学的な根拠はないが、かなりおすすめ! そして集中力が格段に増す!

私は今現在も継続的に使用しています。
家電量販店などで、体感したことがある人も多いかと思います。
特にノイズキャンセリングヘッドフォンに関しては、BOSEが世界初としてリリースしており、飛行機のファーストクラスにも標準装備されています。

人の声以外の雑音は、ノイズキャンセリングされ無音に近い状態になります。その状態で、BOSEの重低音技術も重なって、このヘッドホンをかけると世界が変わります。
ノイズキャンセリングを簡単にいうと、周囲の雑音をキャッチして、その雑音と逆の周波をだして、音を相殺するようなイメージの技術です。

私はよく電車の中でリスニングをしていますが、ノイズキャンセリング機能を使うと、周囲の音が静まりかえるため、リスニングに集中できるというのは確かです。

科学的な検証はできませんが、安いヘッドフォンを使用するより、やはり良い音でリスニングをしたほうが格段に音を吸収できると思います。

本検証では、検証となっていないため、皆さんからも色々と意見をお聞きできればと思います。

同じジャンルの学習方法: