英会話のキャッチボールが苦手な方は多いです。意外に副詞のバリエーションを増やすと解決することがあります。今回は副詞にこだわったマニアックな本をご紹介。

英語は副詞だ!―副詞を使いこなせば表現も広がる! (アスカカルチャー)
定価:¥ 1,575
中古最安価格:75%OFF ¥ 386 (19店出品)
レビュー平均:3.03.0点 (1人がレビュー投稿)
3.03.0点 例文の豊富な辞書でなるべくダブルチェックを
作者:岩切 良信
ページ数:356
by 通販最速検索 at 2011/12/15

「英語は副詞だ」の概要

英会話のキャッチボールに有効な副詞
副詞だけにこだわったマニアックな本。英会話には非常に有効。一歩広げた英会話を習得したい人は必見!副詞で英会話表現力は格段に上がります。
辞書・単語帳・英会話表現集の3つの役割で使えます。

この本は留学前に英会話にどうしても自信がなく購入してみた思い出の本です。
私の個人的な見解ですが、英会話において 副詞を使い人こなせる人=できるやつ! とみられる傾向があるかと思います。

副詞ってどんなのって思う方もいるかもしれませんが、たとえば「仕方なく」であったり「切りのきいところで」であったり、会話表現を表すものです。
そんな副詞だけを辞書形式でまとめたマニアな本が本書です。
でも意外に重宝します。和英辞書形式のため日本語から検索して、言いたいことを調べることができます。
また、例文も豊富などで、間違った使いかたもしなくて済みます。

副詞って例えばどんなの?

副詞とは、主に言葉のキャッチボールで潤滑油的に使われる役割があります。

<副詞の例>
(1)「切りのいいところで」:at a good place
(2)「縁があったら」:if we have a chance
(3)「ここだけの話だけど」:between you and me
(4)「心から」:with all one’s heart もしくは sincerely
(5)「みだりに」: with no good reason

そんな感じで360ページくらいのボリュームで掲載されており、ほぼこれが日常使う副詞の全てと言っても過言ではないです。

英会話がいつもありきたりの表現になってしまっている方、表現力豊かな英会話を目指したい方はぜひバイブルとして手元にもっておきたい一冊です。
なかなか副詞だけ特集している本はないので必見です。

英語は副詞だ!―副詞を使いこなせば表現も広がる! (アスカカルチャー)
定価:¥ 1,575
中古最安価格:75%OFF ¥ 386 (19店出品)
レビュー平均:3.03.0点 (1人がレビュー投稿)
3.03.0点 例文の豊富な辞書でなるべくダブルチェックを
作者:岩切 良信
ページ数:356
by 通販最速検索 at 2011/12/15

同じジャンルの学習方法: