Googleの検索機能を使った、ライティング校正のテクニックを紹介した本です。斬新なやり方で、英文法などの校正が捗ります。

by 通販最速検索 at 2011/12/15

オバケ英語の概要

Gooleの検索システムを使った新しい形の英文校正方法
タイトル通り、ライティングの新しい形
でもすでにそんなの知っているよ、という人には不要かも。

英語や英文を書くときに、本当にこの表現が合っているのだろうか? こうゆうときはどうゆう表現にすればいいのだろう?

そう思った時に、googleの検索機能をつかって、2億以上あると言われているWEBサイトから適切な英語表現を見つけるという、googleを英文チェッカーとして使うという趣旨の本です。

ウェブ上に広がる知識が巨大なデータベースとなり、辞書として使ったり、ネイティブ・チェッカーとして活用するという本です。
どっちかというとテクニック本となります。

色々とテクニックはあるのですが、特に役に立つのは、引用符 “ ”を使った「フレーズ検索」とアステリスク*を使った「ワイルドカード検索」です。

例えば、“Thank you for your *” で検索したとします。

その場合、””引用符を使うことによって、文字列がそのままの順序でならんでいるWEBページをgoogleが検索してくれます。

そして*(アスタリスク)を入れることによって、your のあとは、なんでもOKという意味になります。
これをワイルドカード機能といいます。
(データベースを扱う人にとっては当たり前の機能かと思います。)

じゃあこれでgoogleで検索してみるとどうなるのでしょう。
Thank you for your kindness
Thank you for your interest
とかのネイティブがよく使う表現が、よく使われている順にでてくるのです。

逆に、自分の作った英文をgoogleで検索をかけてみて、検索ヒット数が少なかった場合、それはその英文が正しくないということを意味します。

そんなように英語のライティング力を強めていくというテクニック本なのです。
翻訳や英語でEmailを書く機会がある人には相当重宝する本かと思います。

もちろん、それ以外にも色々とテクニックが詰まった本となります。

Google 英文ライティング: 英語がどんどん書けるようになる本
遠田和子
講談社インターナショナル
売り上げランキング: 27695

同じジャンルの学習方法: