皆さん英語で算数をしたことがありますか? 日常英会話では、あまり出てこない、少数や分数など、なにげになんて良いのかわからないことが多い点に気付かされます。

by 通販最速検索 at 2012/02/07

英語で算数の特徴

皆さん、「3の二乗」であったり、「12÷4」や「整数」、「三角柱」など、小学校や中学校で当たり前のように習った算数を英語で言うことができますか?
これが意外や意外。非常に難しいのです。
例えば、日本語であれば、つるかめ算の計算ができるけれど、英語で解くと苦戦します・・・。

  • マサチューセッツ州統一学力テスト(6年生算数)をまるごと収録
  • 文章問題、数と計算、図形、単位、統計そして最後にテストがついている構成
  • 本の中身も小学生でもわかるような教科書のような作りで、すべての問題に日本語訳付きで非常に見やすい
  • CD付きなので留学を控えている人にも重宝
  • 算数を交えることで「英文を正確に読み取る」訓練になる
  • 単元も細かく分かれており、数字の読み方なども詳しく説明があり、細かいところまで手が届いている本です。
    また実際のマサチューセッツ州統一学力テストの問題も、見開き左に問題、右側に日本語訳と解き方が記載されており、とにかく「見やすい」構成です。
    この本の最大の特徴は、
    「算数を交えることで「英文を正確に読み取る」訓練になる」という点です。
    文章の意味を読み違えると、違う答えになってしまいます。そのため、正確に読み取る訓練になります。
    ネイティブの小学生向けの問題となりますので、文章問題における英語のレベルは、日本の高校生くらいのレベルにあたります。

    これって英語で言える??

    実際に、算数で使う英単語の一例です。皆さん分かりますか?

  • 垂直に交わる二線、直径や半径
  • ひし形、台形、6角形、円柱、三角柱
  • 直角、鋭角、180度
  • 四捨五入、5の2乗、4×3=12
  • この本では、ほとんどの馴染みのない単語がページ下段に注釈としてついています。
    例えば、5角形であれば”pentagon”、6角形であれば”hexagon”、直角は”right angle”など、どれも単語自体はそれほど難しくないものの、算数でどのように使われているのか、ということも理解することができます。

    ロジックとリーディングに強くなる 英語で算数 (数のリスニング特訓CD付き)
    中村かず子
    朝日出版社
    売り上げランキング: 10054

    同じジャンルの学習方法: