もはや辞書はアプリで使うのが主流です。辞書形アプリは値段も高いですので慎重に選ぶ必要があります。iphoneやtouchなどで使えるおすすめの辞書系アプリを紹介します。


英語辞書アプリ特集

最強辞書アプリ 英辞郎


英語辞書のアプリ

60万ダウンロード以上されているアルクの英和・和英辞書です。王道すぎて申し訳ないのですが、やはりこれが一番使いやすく例文が豊富です。
無料のWEB版で使用している方も多いのではないかと思います。

WEB版に関しては、こちらから確認することができます。

この辞書のすごいところは、例文検索数がハンパないという点と、読み込みスピードが早い点です。
また、文字を途中まで打っただけで、それに該当する例文や単語がすごい数で出てきます。
上記写真のとおり、「あい」という意味不明な単語を打っただけでもかなりの量の英文が出てきます。
もちろん電波がないオフラインでも使用することができます。

さらに、調べた単語を単語帳に登録して、それをレベル分けしたり、メモを残したり、小テストを行ったりする機能も実装されています。


英語辞書アプリ詳細

詳細やダウンロードはこちらから可能です。

英辞郎 on the WEB for iPhone(アルク) - ALC PRESS, INC.
英辞郎 on the WEB for iPhone(アルク) – ALC PRESS, INC.

英英辞典のアプリならこれ-オックスフォード英英辞典-

留学する人などは、英英辞典アプリも入れておくのがベターです。
語学学校などによっては、和英・英和辞典の使用が禁止の学校も非常に多いです。
また、日本人の場合は、電子辞書を持っている割合が多いですが、もはやヨーロッパなどでは、クラスの大半がiphoneやtouchなどの辞書アプリを活用しています。

英英辞典アプリを選ぶ場合のポイントは下記です。

  • スーパージャンプ機能がついているもの
  • できれば音声付きのもの
  • 英英辞典を使う場合、調べた単語も当然英語で説明されているので、その説明されている英語も理解できない。。という問題に陥るケースが多々あります。
    そのため、スーパージャンプ機能(調べた単語の説明文の中でわからない単語があれば、それをタップすることで、その単語の意味を展開してくれる機能)が重宝します。
    ジャンプしまくると、もはや最初になんの単語を調べていたのかも見失う可能性もありますが、とにかく英英辞典では必須です。

    また、和英や英和と違って、カタカナ表記などもありませんので、音声がついているとベストです。
    それがどちらも実装されているのが、オックスフォード英英辞典です。

    英英辞書のおすすめアプリ

    留学を検討している人は、英英辞典はマストアイテムなので要チェックです。

    アプリの詳細はこちらから。
    オックスフォード英英辞典 (UniDict) - Enfour, Inc.
    オックスフォード英英辞典 (UniDict) – Enfour, Inc.

    同じジャンルの学習方法: